葉隠徒然日記

日本史のことや興味のあること。とりあえず日々のニュースを徒然っております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都1泊2日の旅♪メインは国宝展( ´∀` )

1年に1度の京都旅( ´∀` )旅行会社はJR東海ツアーズ(^-^)/

今回は台風直撃という悲惨な状態でしたが、なんとか楽しめましたっ!

大雨の時はレンタカーを借りるのがいいということがわかりましたw

朝7時すぎの新横浜からの新幹線に乗っていざ京都へ!

しかも席が空いてなかったので初めのグリーン車(/ω\)めっさ快適~♪

京都についたらテンションあがりまくりー♪

さっそく日産レンタカーで4800円お支払いして夜の八時まで借りることに♪

まず向かったのは貴船

貴船神社の水占いやってるとこの駐車場500円で借りてお参りに

そのあと行ったことなかったので奥宮まで300メートルほど歩きましたが、奥宮には無料駐車場があったしーww

ちなみに去年、貴船の川床の「兵衛」に行きましたが、奥宮はこちらのお店のちょっと先でしたw

その時行けたじゃんwてな感じでした

大雨のためそんなに人がいなかったので、なんだか神聖な雰囲気でした


お次は鞍馬神社へ

こちらは貴船から車で10分ほど走って、入口近くの駐車場へ

こちらも駐車場代500円でした

大雨で山頂まで30分も歩く気がしないので、200円お支払いしてケーブルカーでガーっと上がりました

上がってからは15分くらいマイナスイオンたっぷりの山道をとことこ

んーーー、空気が重くて素敵♪

鞍馬神社について比叡山方面の山を見たりと、すがすがしい気分になりました

お次は鞍馬から30分ほど走り三千院へ

三千院付近の駐車場こちらも500円で駐車しました

三千院周辺にあったお蕎麦屋さんで食事をし、三千院そばというのを食べました

なんかあんかけっぽいお蕎麦♪

三千院にあるわらべ地蔵がめっちゃ可愛くって、なんかほほえましい~( ´∀` )

ここは紅葉の時期すごいけど、まだ時期じゃなかったので駐車場もスムーズに止めれました

ちょっと歩いて出世稲荷神社へ

なんか怖い雰囲気でした(笑)

次になぜか嵐山行こうってことになり、嵐山へ♪

右端の三千院から左端の嵐山まで遠いかなーと思ったんだけど、意外と行けました

1時間もかからないくらいで到着

途中太秦映画村があったので、いきたーいという気持ちを抑えまくりましたw

嵐山の竹林近くの駐車場に止めたんだけど、30分500円wたかっww

竹林を歩いた後、縁結びで有名な野宮神社でお参り

天龍寺はスルーして渡月橋まで散策♪

このあたりはお店がいっぱいあったのでスウィーツ食べたり楽しい

でも、夕方6時ごろだったのでほとんどのお店がクローズ( ;∀;)

でも雨の(大雨w)竹林にはそれなりに観光客がいて、みんな大変そうでしたぁw

そのあとレンタカーを返しに京都駅まで戻り、タクシーで先斗町へ

ちなみに駅から先斗町まで1000円ちょっとでした♪

先斗町をてくてく歩いて、おばんざい屋さんが開いてたのでお酒をたしなみまくりましたぁー( ´∀` )

3人で15000円くらいでおなかいっぱい♪

関東と違ってやっぱだしが優しいなぁー

牛すじ煮込みとか、関東だと濃いのに、色が薄いwでも美味しい(/ω\)

ホテルはモントレだったので、ワンメーターくらいで帰れました♪

朝起きて、ホテル近くの前田珈琲でモーニング

このお店、行きたかったのでホテル近くでうれしかったぁー

パンがすごい美味しいし、喫煙者にはうれしいタバコ吸い放題(笑)

そして今回の旅行のメイン京都博物館で開催してる「国宝展」

日本中の国宝が集まりまくりの素敵すぎる展覧会(n*´ω`*n)

Ⅰ~Ⅳ期まであって、わたくしが行ったのはⅡ期

見たかったのがいっぱいすぎて大興奮

10月17日から29日まで展示される龍光院所蔵の「曜変天目」

世界に3つしかないうちの1つで、今回展示されるのはなかなかお目にかかれないんですよー!

他の2つは東京とかでたまに見れるんですけど、龍光院のはめったに公開しないからすっごいうれしかったぁー

キラキラ光って、ほんと素敵すぎたぁー

雪舟も国宝六作品が一挙に見れるという素晴らしさ!!

個人的に見たかったのは「縄文のヴィーナス」と「縄文の女神」

ヴィーナスのお尻、かわいかったなぁー(n*´ω`*n)

俵屋宗達の「風神雷神」も大興奮!!

1F~3Fまで国宝だらけの興奮しまくりの国宝展でしたw

ちなみに、混んでます(笑)

台風だってのに、しかも朝9時半OPENから行ったのに、すごい並びましたぁ~

逆に朝一でいかないほうがいいのかも

国宝を堪能した後はタクシーで駅に戻ってコインロッカーに荷物を預け、伏見稲荷へ

電車で2駅なのでちかーい♪

が、雨がすごすぎて鳥居くぐる傘の行列にげんなり( ;∀;)

歩いてるだけで全身濡れまくりという悲惨な状況ですが、途中までがんばって歩きました

ですがもうむりー( ノД`)

途中、二手に分かれる道があるので、三頂側を選ばず、下に降りました

そこから15分くらい歩いて東福寺へ

ここのお庭、サイコーすぎますw

が、わたくしの心の中は「靴。。。。濡れすぎてきもい(´;ω;`)」でした(笑)

東福寺で400円の庭園を見て、ちょっとたそがれましたが、心の中は「靴下。。。。びちょびちょでキモイ( ;∀;)」でしたw

東福寺から1000円かからないのでタクシーで駅へ

駅ビルの都路里で抹茶パフェ食べたかったんだけど、すごい行列だったのであきらめて帰りましたぁ

今回の旅は、台風による大雨でどうなるかと思いましたが、国宝展にいけたのと、車でまんべんなく回れたのがよかったなぁ

次は比叡山や宇治にレンタカードライブをしたいなっ( ´∀` )

般若心経ラップバージョンがわかりやすい♪

鎌倉の長谷寺でしょっちゅー写経をしているワタクシですが

般若心経の内容っていまいち意味がわからんとゆか、解説本とかあって読むんだけど
その解説がまた難しかったりして、ま、こんな感じで受け止めればいっかー♪と思いながら

いっつも写経しとりました

こないだ見っけたのが、ラップバージョンの般若心経( ´∀` )

なかなかわかりやすかったのでどぞ♪


超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?
誰でも幸せに生きる方法のヒントだ
もっと力を抜いて楽になるんだ。 苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。

この世は空しいモンだ、
痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。

この世は変わり行くモンだ。
苦を楽に変える事だって出来る。
汚れることもありゃ背負い込む事だってある
だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。
この世がどれだけいい加減か分ったか?苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ。

見えてるものにこだわるな。
聞こえるものにしがみつくな。

味や香りなんて人それぞれだろ?
何のアテにもなりゃしない。

揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。
それが『無』ってやつさ。
生きてりゃ色々あるさ。
辛いモノを見ないようにするのは難しい。
でも、そんなもんその場に置いていけよ。

先の事は誰にも見えねぇ。
無理して照らそうとしなくていいのさ。
見えない事を愉しめばいいだろ。
それが生きてる実感ってヤツなんだよ。
正しく生きるのは確かに難しいかもな。
でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。

菩薩として生きるコツがあるんだ、苦しんで生きる必要なんてねえよ。
愉しんで生きる菩薩になれよ。
全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな
適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。

勘違いするなよ。
非情になれって言ってるんじゃねえ。
夢や空想や慈悲の心を忘れるな、
それができりゃ涅槃はどこにだってある。
生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ。
心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。

この般若を覚えとけ。短い言葉だ。

意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ。
苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。

嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、そういうモンなのさ。
今までの前置きは全部忘れても良いぜ。
でも、これだけは覚えとけ。

気が向いたら呟いてみろ。
心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。

いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

心配すんな。大丈夫だ。


ちなみに般若心経はめっちゃいっぱいあるんだけど
ここだけで凝縮とゆか、全部まとめてあるので↓だけは一回くらい写経おすすめ~( ´∀` )
今は写経をダウンロードできてなぞるだけってサイトもあるし、
字も上手になりそうだし(笑)

筆は初心者には難しいので鉛筆でOK♪


摩訶般若波羅蜜多心経(タイトル)

(まかはんにゃはらみったしんぎょう)

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時

(かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ)

照見五蘊皆空 度一切苦厄

(しょうけんごおんかいくう どいっさいくやく)

舎利子

(しゃりし)

色不異空 空不異色

(しきふいくう くうふいしき)

色即是空 空即是色

(しきそくぜくう くうそくぜしき)

受想行識 亦復如是

(じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ)

舎利子 是諸法空相

(しゃりし ぜしょほうくうそう)

不生不滅 不垢不浄 不増不減

(ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん)

是故空中 無色 無受想行識

(ぜこくうちゅう むしき むじゅうそうぎょうしき)

無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法

(むげんにびぜっしんに むしきしょうこうみそくほう)

無眼界乃至無意識界

(むげんかいないしむいしきかい)

無無明 亦無無明尽

(むむみょう やくむむみょうじん)

乃至無老死 亦無老死尽

(ないしむろうし やくむろうしじん)

無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故

(むくしゅうめつどう むちやくむとく いむしょとくこ)

菩提薩埵 依般若波羅蜜多故

(ぼだいさった えはんにゃはらみったこ)

心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖

(しんむけいげ むけいげこ むうくふ)

遠離一切顚倒夢想 究竟涅槃

(おんりいっさいてんどうむそう くぎょうねはん)


三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提


(さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ とくあのくたらさんみゃくさんぼだい)


故知 般若波羅蜜多 是大神咒 是大明咒 是無上咒 是無等等咒

(こち はんにゃはらみった ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむとうどうしゅ)
能除一切苦 真実不虚

(のうじょいっさいく しんじつふこ)

故説般若波羅蜜多咒 即説咒曰

(こせつはんにゃはらみったしゅ そくせつしゅわく)

羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶

(ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか)
般若心経

(はんにゃしんぎょう)

ワタクシは、この「ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか」
を、困った時とかにいつも唱えます(/ω\)w






















































プーケット旅行♪

久しぶりに行ってきましたプーケット(*`艸´)
今回は3回目ですが、メモっとかないと忘れるのでブログでメモメモ

てか!今回しょっぱなから有りえないトラブル発生したし!!

朝早くおうちを出て羽田10時発のバンコク行きだったんだけど、いきなり離陸してから15分後Uターンヽ(`Д´)ノ

でもって40分くらい旋回してから、羽田に戻ってそのあとずーっと羽田で待機

結局出発したの夜の八時半とゆー、ありえない状況に

おかげでバンコクで一泊する羽目になりました( ノД`)シクシク…

禅や瞑想について

大学で色々勉強するようになり、ますます興味を持ってきたのが「禅」や「瞑想」

ストレス社会ってこともあり、わたくしの中でも徐々にそーゆーとこに意識がいったりするわけです

ってことで、ちょこちょこと瞑想をやってたりするんですが、ほんっとーーーにわたくしは煩悩の塊(T_T)

意識を集中させるわけだけれども、いろんな雑念が飛び交いまくり。。。

とりあえず一日五分でもいいから30時間やってみれば何かが変わるといーますが

たぶん30時間はたってるはず。。。

が、集中力なしの瞑想なのかあまり変化なし(T_T)

とりあえず自分の力じゃ無理だぁ!と思ったワタクシは

瞑想アプリをダウンロードしてやってみることに

これが意外とよくって、人からこうしなさい、あーしなさいと指示されながらやる方が

それに集中できるとゆーことに気が付きました♪

やっぱいきなり瞑想しろーと言われて本の通りやってみてもなかなかできないもんですねw

自分の中でいっちばん治したいのが「満員電車」の不安感なので、瞑想によって少しは楽になれることを願ってます

でもって、いつかこりゃチャレンジしてみたいと思ってるのがヴィパッサナー瞑想合宿

合計12日間も仕事を休むのは至難の業だけれども、一度自分をみつめなおすためにも行ってみたいと思ってます

もはや中年(・∀・)ノ

ハガクレカフェを始めた時はまだ30歳になった頃でしたw
が、あれから10年以上たち、もはや44歳になったという時の流れの速さに驚いてます

逆にこの10年以上何をやってたんだろう?と疑問に思ってしまいます。
人間の中身がたいして変わっていないのに泣きそうです( ;∀;)

もーすこし大人というか、頭のいい人間になれてると思ってましたが
思い浮かべていた40代というのは、全然違うものですねぇ

ところで、今年から子育てもひと段落したので通信の大学に行くことにしました

おひさしぶりです

皆様おひさしぶりです

元気になったらちょっとずつ再開したいと思いつつ、データがぶっ飛んでしまった修復が
たいへんですっかり離れてしまいましたw

今年の夏も暑いですが、官兵衛を観てさらに熱くなりましょう♪


2016年夏 ハガクレ

昔の美人さん

ヒマな時にちょこちょことユーチューブを見てるんですが
昔の美人動画を載せちゃいますね~

日本人はこー思われているのか~

ワタクシ、日露戦争の頃の日本人魂意外と好きなんだけど、
やっぱ白人による肌の色の差別ってのは昔っからあるんですよえねぇ~

でもって、その後も日本人イメージてのはあんま良くない・・・カナシー

ってことで、今回は世界で使われている日本人ジョークを何個か紹介しちゃいます


1・とある国際会議で遅刻してしまったために、自分の発言する時間が半分になってしまいました。各国の人々はどのようにするでしょう?・

・イギリス人・・・普段どおりのペースで喋って途中でやめちゃう
・ドイツ人・・・普段の2倍のペースで喋り捲る
・イタリア人・・・雑談をカットしたら時間内で収まる
・イフランス人・・・普段どおりのペースで話し、時間になってもやめずに話し続ける
・アメリカ人・・・内容を凝縮し、時間内におさめる
日本人・・・遅刻はありえない

2・ある日だんなさんが帰ってくると、妻が見知らぬ男とベットで抱き合っていた。そんな時・・・

・ドイツ人・・・しかるべき法的処置をとる!!と言った
・フランス人・・・自分も洋服を脱ぎ始めた
・アメリカ人・・・相手の男を射殺した
・日本人・・・正式に紹介されるまで名刺を手にして待っていた


3・それぞれの幸せ

・イタリア人・・・愛人とパスタを食べながらサッカーを見ている時
・スペイン人・・・おいしいものを食べてノンビリ昼寝している時
・ロシア人・・・部屋に踏み込んできた秘密警察が人違いに気がついて帰っていった時
・イギリス人・・・うまいブラックジョークが決まった時
・ドイツ人・・・計画がうまい具合に進んだ時
・日本人・・・食事をさっさと終えて働き始めた時

4・ある豪華客船が沈みそうに!船長は乗客に船から脱出して海に飛び込むように指示することに。それぞれの外国人乗客になんと言う??

・アメリカ人・・・「飛び込めばあなたはヒーローですよ!」
・ドイツ人・・・「飛び込むのがこの船の規則ですよ」
・イタリア人・・・「飛び込むと女性にもてますよ」
・イギリス人・・・「飛び込めばあなたは紳士ですよ」
・フランス人・・・「飛び込まないでください」
・日本人・・・「みんな飛び込んでますよ!」

5・ドイツ人とイタリア人と日本人がレストランに食事に。食べ終わった後3人はこう考えてました

・ドイツ人・・・割り勘にするといくらになるかな・・・と考えていた
・イタリア人・・・おごってくれた人になんてお礼を言おうかな・・・と考えていた
・日本人・・・3人分払ったらいくらになるんだ・・・?と考えいた


とまぁ、どんだけこばかにされてんだよーー(苦笑)

でも、最後にこちらを一つ

「人生で最高の生活とは?」
「アメリカでお給料を貰い、イギリスの住宅に住み、中国人のコックを雇い、日本人を妻にすること」
「では、最低の生活とは?」
「中国でお給料を貰い、日本の住宅に住み、イギリス人のコックを雇い、アメリカ人を妻にすること」

うーん。日本女性は人気があるってことだけはイイコトかな?

むきゃー!時間がないぃぃ

はぁぁぁぁぁ~~ ←大きなため息

最近、ぜんっぜんサイト更新できてません(>_<。。)

それもこれも、この不景気のせいでやんす

人員カットやなんだかんだで仕事が増えまくりっっ

家に帰るのが遅くって、パソコンに向かえない状態

ってか、仕事であんだけパソコンとにらみ合いして、家でまでパソコン開く元気がありませんな

なんだか眼の中の蚊のヤロウもでかくなってきたような・・・ムムム

ブルーベリー食べなくちゃ

でもって、「おれっちもいつクビをきられるかぁ」とビクビクするエブリディ

あー。いやや~。こんな日々~(>_<。。)

早くフツーの平凡な日々に戻りたい今日この頃・・・

とまあブースカブースカ文句を書いてしまいましたが、頭の中はいっつもサイトのことを忘れちゃぁいませんぜっ

歴史が絡む!会社名の由来

いやはやいやはや、4月になり仕事のほうも何かと慌しく

すっかりサイトをサボっているハガクレでございます~

4月に新学年や新入社員になった人たちも、ちょっとは落ち着いた頃でございますな~

ということで、今回は久々に歴史ミーハーネタを紹介☆

会社名の由来についてでごじゃいます~


旭化成

木曽義仲が「朝日将軍」と呼ばれてたので、「旭日昇天(きょくじつしょうてん)の勢い」だったため、それにあやかってつけられました

オリンパス(カメラの会社)

もともとの社名は「高千穂製作所」
で、社長さんが「日本の高千穂は古代ギリシャでいうオリンパスだ!」ということで、この社名に☆

トクホン

江戸幕府二代目将軍徳川秀忠の病気を治した永田徳本というお医者さん
この徳本は118歳という長寿で、病人に対してお金をあまりとらないという「赤ひげ」先生だった
当時の社長さんがこの徳本スピリッツに感動してトクホンという社名に

福助(ストッキングが有名)

もともとは足袋を作ってた
幕末の頃、創業者に息子が生まれたので伊勢参りに。その時の道すがら一軒の古道具屋で古びた福助人形を見て「これは福がかなう人形だ」ということで、福助に



« Prev|Top|Next »

HOME

ハガクレ

  • Author:ハガクレ
  • 「歴史」「和風」と名のつくものが大好きなハガクレでございます。

    忘れっぽいのがタマにキズなので、自己管理(?)の意味も込めてブログってます♪よろしゅう

この人とブロともになる

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

クリックしてくれるともっとサイト頑張れます!
人気blogランキング

BS blog Ranking

にほんブログ村 歴史ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。