葉隠徒然日記

日本史のことや興味のあること。とりあえず日々のニュースを徒然っております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋♪

いやはや、秋と言えば食欲と芸術、そして読書ですな~

ま、ワタクシの場合食欲は春夏秋冬つねにありますが(笑)

ってことで、最近は歴史の本ばーーーっか読んでたのをちと休憩して、久々に小説を読んでみました

いまさらながら読んだのがコレ
白夜行
白夜行でございます

テレビでは観なかったんだけど、小説はおもしろい
東野圭吾のは、引き込まれる小説なので、ガンガンと読んでしまった
ものすごいボリュームなんだけど、あっという間に読み終えちゃいましたっっ
東野作品は基本的におもしろいんだけど、前回読んだのが「片思い」ってヤツでしたがコレがいまいち
で、その前に読んだのが天空の蜂とかゆーヤツなんだけど、これもイマイチ
ということで、久々に良質の東野作品に出会えて満足でした

翌日から読み始めたのがコレ
あなた

乃南アサの本です

乃南アサもこれまたおもしろい作品を書くんだよねー

でもこれは今までの乃南作品とちぃとばかしタイプが違った
ミステリーじゃなくてホラー???
まぁ、悪くはなかったんですけどネ

でもやっぱ本はおもしろい!!

最近パソコンとかばっかいじってたから、久々にゆっくり読まなくちゃと思ってた小説を読みまくろうかなっ


本の整理

今日は天気がイマイチなので、家で本の整理をしてました

こないだHPからブログに変更したハガクレ★カフェ歴史の本書評もやっと落ち着いたか・・・?と思いきや、またも出てきました

ダンボール2個分の本たち・・・

ワタクシ、小説とかは一度読んだらブックオフとかに売っちゃうんだけど、歴史系の本だけはまた読みたくなるので捨てられないんです~

で、押入れの奥に詰め込むんだけど、今日たまたま押入れの上のほうを見ていたら、怪しげなダンボールが・・・

やっと整理ついたと思ったのに、また出てきやがった!!

もーー、こーゆーのってどうすればいいの??

物は捨てれる女なのに、なぜか靴と本(歴史モン限定)だけは捨てれない女なのよねぇ

はぁ。どうしよう~

大貧乏大逆転

大貧乏大逆転―日本史雑学人物伝いやー、ビンボーな私には勇気の出る一冊デシタ

日本史上に残る有名人も、様々な苦労をしたんですねぇ

苦労をバネにしたビンボー人や、ビッグチャンスをモノにしたビンボー人など、貧乏には人それぞれですが、チャンスは誰にでも転がってるんですよね

そのチャンスをモノにできるかできないか・・・

私にとって人生最大のチャンスはまだ訪れていない

が、もしかしたらチャンスに気がつかなかったのかも・・・(汗)

スマートモテリーマン講座

スマート モテリーマン講座スマートモテリーマン講座

R25でコラムってるあの大人気コラムが本になりました

発売と同時に即読みしました

これは絶対おもしろい

またイラストもおもしろさを倍増させるんだよね

毎回R25をゲットして、楽しみにしていたコーナーなのです

っていうか、よくあんなオモシロいの考えられるよなぁ

笑いたい人や仕事に疲れてる人には絶対オススメ

かなりいいスパイスになるはず

そして是非実行してもらいたいもんだ

私なら惚れるわぁー

幕末維新新聞

新版 幕末維新新聞
いやー、おもしろかったぁ

幕末・維新のことが新聞形式で書かれてるユニーク本

なんといっても「広告」がおもしろい

これ書いた人のギャグセンスはピカイチですな

戦国武将ものしり事典

a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4391123851/aeaaaee08-22" name="amazletlink" target="_blank">戦国武将ものしり事典戦国時代ものしり事典を再度読み直ししました。かなり前に買って読んだんだけど、暇だったのでパラパラとページをめくってみた。戦国時代を知りたい人にはかなりオススメ!信長・秀吉・家康などのコネタが満載です

超オススメ本!「関ヶ原」

関ヶ原〈上〉
司馬遼太郎の関ヶ原!だいぶ前に読みましたが、こないだ再度読み直ししてみました。

やはりすごい!!

浪漫がつまりまくっている!!上中下の3巻ですが、あっという間に読めます。

主役は石田三成と島左近。それに絡む様々な人間関係。

下手な参考書系の本を読むより、こっちの方が絶対オススメです!西軍を好きになること間違いなし!

最後の黒田如水も良かったなあ・・・

読んでない人、ぜひ読んでみて!!

冷たい校舎の時は止まる

冷たい校舎の時は止まる (上)

この本、なかなかいけてました

学園ファンタジーとミステリーが混ざったような本なんですが、
作者がまだ若い!
しかもメフィスト賞受賞というこれからが楽しみな作者です

読み出したら止まらない本なのですが、ラストがちょっと「ムム・・・」と言った感じ

もうちょっと何かひねりが欲しいぞ!といったところ

それでもイッキ読みできてしまう秀作でした

« Prev|Top

HOME

ハガクレ

  • Author:ハガクレ
  • 「歴史」「和風」と名のつくものが大好きなハガクレでございます。

    忘れっぽいのがタマにキズなので、自己管理(?)の意味も込めてブログってます♪よろしゅう

この人とブロともになる

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クリックしてくれるともっとサイト頑張れます!
人気blogランキング

BS blog Ranking

にほんブログ村 歴史ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。