葉隠徒然日記

日本史のことや興味のあること。とりあえず日々のニュースを徒然っております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史旅っっ

いやー、今日はすっごい楽しい旅をしてきましたっっ

まず、掛川城→高天神城跡→登呂遺跡→駿府城跡→久能山東照宮→三保の松原→沼津魚市場

という、徳川系のコースをめぐってまいりましたっ

ちょーど掛川城では「千代と一豊館」という大河ドラマイベントがやってて、お濃さんが着た着物とか着れるの

ちなみにナゼかワタクシは、合戦武士スタイルがしたくって、豪華な着物もあるっつーのに、鎧着用して写真撮っちゃいました♪

それにしても、やはり歴史史跡巡りはいい!!

「ここで家康が・・・」とか、ロマンに浸りまくりの一日でしたぁ
スポンサーサイト

« 鎌倉散歩|Top|2008年大河ドラマ »

コメント

Not Subject

いやぁww
いい旅だったねぇi-234絶対来年も行こうねぇi-199
写真(?)出来たらみせてねi-189

Not Subject

こんばんは。放浪紀行拝見しました。なんだか映像がすごく綺麗ですね~ 例のカメラで撮られたんですか?

三保の松原って初めて見たんですけど、すごく静かそうで景色もいいですね。いつか行って見たいなぁと思いました。

掛川城っていうのは山内夫妻が娘を亡くした後に入ったお城なんでしょうか。よね姫、死んじゃいましたね・・。

Not Subject

えっへっへ~
そうなのです。例のカメラで撮ったのです
現在、かなりバチバチとりまくりですよっ

三保の松原、なんか不思議なトコですよ
海岸に大きな松がボコっと立ってるの
晴れてたら富士山が見えてサイコーなトコだと思いますねぇ

ちなみによね姫死んじゃったね。可哀想だったぁ
その後、千代が捨て子を拾うんだけど、これがまたモメるみたいですヨ~
よね姫の代わりとして育てるんだけど、捨て子を跡継ぎにするわけにはいかないので、その子は僧にさせられちゃうの
でも、すっごい高僧になるんです
たしか湘南和尚だかなんだか・・・。
ちょっと安心

ちと長くなりましたが(ってか、熱く語らせてぇ!)、山内家って結局弟の血筋に取られちゃうんだよねぇ!!
一豊が死んだ後、千代と康豊はイマイチしっくりこなくって、千代は土佐を出て京都で一人暮らしするんだよぉ!
でもでも、その和尚さんになった子のお寺の近くに住んで、よね姫のお墓も近くにあるみたいだから、いいけどさっ
なんか、一生懸命夫婦で山内家を再興させたのに、結局弟に譲っちゃうのって、なーんか寂しいよねぇ・・・

あ、掛川城は長浜城のあとに、家康を押さえるために行くトコですよぅ♪

Not Subject

ほぉぉーー千代は捨て子を育てるんですか?ぜんっぜん知りませんでしたぁ。(いかに本を読んでないかばれちゃいますね)大河で放送したら、かなり見ごたえがありそうですねぇ。やるのかな??それで千代と康豊はしっくりいかなくなるのか・・
--;そう考えると納得できますね。

千代が子供を拾って育てて、跡継ぎにできなかったとしてもその子を僧にするというのは、あの時代の時勢を考えるとかなりいいことをしてますね。
高僧になるあたり、千代に似て賢い人だったんでしょうねぇ。

それにしてもハガクレさん、かなり熱いですね!メラメラしてますね~ 歴史すきなんですねぇ^-^
千代の娘のお墓と息子のお寺が京都にあったんですねぇ。だから千代は京都に移り住んだんですね。華やかな文化が栄えてるからかな?と思ってました。でも、それも少しはあると思いますよ。千代が持っていた芸術的センスがうずいたんじゃないかと・・。京都にしかないものもありますよね。

ハガクレさんの仰る通りで、山内家は一豊の血筋は残せませんでしたが、今振り返ると歴史に名を残したのは血筋を残した弟筋ではなく千代ですよね。まぁ江戸時代に入って作られたものもあると聞きましたが、それでも光っているのは千代ですよね。土佐二十四万石を夫婦で手に入れた偉業は、おそらく千代なくしては有り得なかったんでしょう。娘の死と引き換えだったのかもしれないけど、私は歴史にその名を残したことがスゴイと思います。譲られた方はかなり影がうすいですよ。

また長くなってしまった・・m--m いや~いつもスミマセン。ちなみに、家康を押さえるために一豊が静岡に城を持ったということは、それだけ秀吉に信頼されていたということでしょうね。寝返りそうなのを東に飛ばしても意味ないですもんね。(その代わり、秀次の補佐としては期待されてなかったということですかね。)
こういう大名の配置って面白いですね~ 豊臣政権とは違うんだろうけど、徳川幕府の譜代や外様も意図的に配置してますもんね。城一つにしても、いろいろ憶測できますね。

Not Subject

どうもっ!メラメラしているハガクレです(笑)
いやいや、もうこの辺一度語らせると長い長い・・・
しかも、友達とかに語っても「ふーん・・・」で終わられるので、ここぞとばかりメラメラ熱くなってしまいましたヨ~

そうそう、もー山内家は千代なしではありえないですよっっ
ほんと、子供がいなかったってのが気の毒!!
でも、一豊ってあの時代には珍しく側室を持たなかったってのがいいですよねぇ
黒田官兵衛も側室を持たない珍しい人だったんだけど、この人はキリシタンなんで持たなかったんですよー
その点、一豊はいいよねっ
千代一筋だもんね~

ケド、こないだ読んだ本に「よね姫」は千代じゃなくって、別の女の人が産んだというウワサもあるって書いてありましたよ
そうであってほしくないなぁ~
戦国の世にも、こういう夫婦いてほしいよ~



Not Subject

こんばんは。やっぱり熱いですね(笑)
私はこのあたりにとんと弱いので、ハガクレさんのお話はとーっつても参考になります。
こないだ仰ってた拾い子、さっそく次回登場ですね~ちゃんと放送するんですね。
あれが女の子だったら、康豊との関係も全然違うものになったんでしょうねぇ。

子供がいるのといないのじゃ、夫婦って全然違いそうですね。「子はかすがい」っていうのはなかなか深い意味があるんですね。
一豊は果たして側室がいたのかいないのか。いてほしくないですよねー!女としては。あの時代は、子供がいないのは女のせいにされてたらしいし、一豊夫婦に側室がいたとなると千代がかわいそうなだけですもんね。それでも、側室がいなかったと言われるということは、仮にいたとしてもひた隠しにした可能性大ですね。
そういう意味では、一豊っていうのはなかなかいい人だったのではないかと思います。でもいてほしくないですよね~やっぱり

それに、人にほんとに生まれ変わりがあるとして、千代は継子を育てるさだめだった・・・なーんてちょっとさみしすぎますよねぇ。

さぁこれからどうなりますかね~大河は。大石静はどう描くか。
ますます目が離せなくなってきましたね --☆

Not Subject

話したそばから早速登場してきましたねぇ
ホント、これからの展開はどうなるのか、楽しみですね~

今回の大河は茶々がおもしろいって大石静が言ってましたっ
どうやら石田三成とラブラブ(死語)らしいですよー
ちなみに茶々は秀頼を産んだけど、あれも胡散臭いですよねぇ
ワタシの考えでは、絶対秀吉の子じゃないですね
あれだけ側室がいて、茶々だけが二回も産んだってのはおかしいですよー
その前に別の側室が産んだっていうウワサがあるけど、それはまぁ置いといて・・・

秀吉はきっと妊娠させることができない、いわゆるタネナシだと思うんですよね~
でもあの時代、妊娠できないのは女の人のせいだもんね
「石女」って呼ばれちゃうらしいですよ!なんだよソレ!?ってネーミングですよね(汗)

Not Subject

誘惑してましたもんね~かなり。
てことは、大野治長の出番はナシですかね?
石田三成とラブラブ(もう死語なんですか?ハヤイ・・)・・
確か関が原の後、「今度の戦の責任はすべて私にあります」なんて言ったんですよねー

実は私も、秀頼の父親はこの人か大野治長あたりかな?なーーんて思ってました。
私もハガクレさんに同感です。茶々は、秀吉の子供は産んでないと思います。
石女と書いてうまずめ・・
茶々はきっと、「男に責任はない」という風潮を逆手に取ったんでしょうね。という小説をコバルトで読みました。
(いつまでもそっち系のネタでスミマセン)

もしそうだとすると、やっぱ女ってこわいですね~

Not Subject

茶々って本によって、善悪がすっごい別れるよねー
基本的に私は好きな方かなぁ
でもねねのことも好きなんだよね~

けど、もちっとうまくできなかったのかと思うよっ
家康にいいように利用されてた・・・みたいなさ~
大阪の陣あたりになると、茶々の計画性のなさがボロクソに書かれることが多いから(家康側の目線で書かれてるのが多い)
ちょっと同情しちゃうなぁ

あ、ちなみに私も大野治長あたりが怪しいと思ってます!!

Not Subject

ハガクレさんは相当本を読んでらっしゃるんですね。
私はあまり淀君に関しては知識がないんですけど、
どうも茶々は時流を読みきれなかったような気がしますね。
そんなの、そう簡単にできることじゃないし
どうせ家康にいちゃもんつけられて結局は攻められたのかもしれないけど。
それもこれも、父親が健在だったらもっと幸せな人生を送っていたんでしょうね。かわいそうな女性ですね。

Not Subject

バカみたいに本読んでます(笑)
昔通勤時間が長く、電車に1時間以上乗ってるんで、すぐ読めちゃうんですよ~
今もヒマさえありゃ読んでます

そうそう、茶々はちょっと流れがわかってなかった気がしますよねぇ
でも功名が辻の茶々はなんとなく頭きれそうな感じのイメージなんで、今後どのよーな展開になっていくのか興味津々ですよっっ

ところではとバス怪談ツアー!
江戸って意外と見所がいっぱいあって、なかなかいいんですよー
猿掛さんはどちらにお住まいでしたっけ??
私は生まれが神奈川なんだけど、親が転勤族だったんで、大阪とか北海道とか名古屋とか色んなトコうろうろしましたよー
そのおかげで色々遊べましたけど(笑)


Not Subject

なるほど、通勤時間に本を読まれていたんですね --;
どうやって時間をやりくりされてるのか、実はずっとお聞きしてみたかったんです。電車ってそんなに揺れないし、酔わないからよさそうですね。
もしかして、速読ってできますか??

ちなみに、私が住んでるところはですね・・
「その昔、毛利輝元が大枚はたいて立派な城を建てながら、わずか十年ほどで手放さなければならなかった」その城のある県に住んでます。
いや~バレバレですね(笑)
ずーっとそこに住んでます。

Not Subject

そそそ、そうだった!猿掛城のトコだった(^^;)
いまさらまた聞いてしまった(^^;)
そっちの方もいっぱい色々ありそうで、行ってみたいなぁ~
私、京都から向こうってほとんど行ったことないから、中国地方旅行に行きたいですわぁ・・・
史跡めぐり熱がうずうずしてきますっっ

ちなみに速読まではいかないけど、かなりナナメ読みですよ(笑)
活字中毒のようになってた時があって、通勤の1時間もあれば簡単な小説なら1冊は軽いですね
ツボにハマる時なんて、一日2・3冊は読んじゃう時もありました(笑)

が、忘れっぽいのでブログとかで読んだ本を記録してるんです(笑)
本読むくせにバカなのです。えへへ

Not Subject

何言ってるんですか。人並み外れた記憶力がないと、こんな大きなサイト作れないですよ。私は物忘れが多くて、ばあさまに「早い」と言われます。さーどうしたものか・・--

ハガクレさんはやっぱり読むの速いですね~ 私もガーッと読めるようになりたいです。読みたい本はたくさんあるのに時間は限られてて--;

ちなみに、猿掛は名前の響きが気に入って使ってるんですが、正確に言うと地元人ではないんですよ。市も違うんです。(猿掛城は安芸高田市にあります)

余談ですが、広島城というのは広島市内の中心地にあります。
ほんとは、瀬戸内海を睨んで海の近くに建てられたらしいんですが、数百年で周囲が埋め立てられたそうで。
だから今は、海から離れたところに建ってます。

Not Subject

いやいや、歴史のことだけはナゼか頭に入るんだけど、他は全然ですよー
スキなことしか覚えないという脳内なので、ある意味困りマスv-399

広島城って海の近くにあったんだ~。それは白なった
じゃあ今の広島城は復元なの??
広島城といえば、アレですよ、清正が幕府に許可なく修理して家康に怒られたってエピソードを真っ先に思い出しますね~

あのへんは宮島とか、平家がらみもいっぱいありそーだし、原爆ドームもあるし、マジで行きたいですねぇ
小学校が大坂だったので、修学旅行が広島だったんだけど、もう何年も(何十年・・・)前なんで、覚えてないんだぁ
あぁ・・・行きたい・・・

Not Subject

広島城は建築した当時、海の近くにあったようなんですが(広島湾頭だったとか)、その後干拓が進んで海が遠くなったようです。
広島城自体、デルタの上に建っているらしく地盤が悪くて城を建てるのに工事が難航したそうです。
それから、一つ訂正を。
1589年に築城を開始、1599年に落成、1600年に関が原の戦い、それに負けて山口へ。
つまり、1年ほどで手放さなければならなかったというのがほんとのところみたいです。
もったいない・・--
それから、今の広島城はほとんど復元みたいです。
というのも、昭和20年の原爆でほとんど壊滅したそうです。
爆心地に近いんで、無理ないんですけどね。
ほんとの広島城、見てみたかったなぁ・・
広島って、歴史的に見てどうなんだろう。あんまり詳しくはないですが(おいおい)、宮島はオススメです。

ちなみに、毛利輝元は秀吉が建てた大阪城や聚楽第を見て、その頃の本拠地だった郡山城は時代遅れだと思ってこの城を建てたそうです。

Not Subject

ほぉー!勉強になりました!
マジで!

しかも「デルタ」ってかなり久々に聞きました(笑)学生時代以来聞いたことなかった(笑)

お城は原爆には耐えられないでしょうねー
でも毛利輝元のエピソードを聞いたら、ますます本物見てみたかったなぁ!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hagakure.blog20.fc2.com/tb.php/298-87947840

Top

HOME

ハガクレ

  • Author:ハガクレ
  • 「歴史」「和風」と名のつくものが大好きなハガクレでございます。

    忘れっぽいのがタマにキズなので、自己管理(?)の意味も込めてブログってます♪よろしゅう

この人とブロともになる

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

クリックしてくれるともっとサイト頑張れます!
人気blogランキング

BS blog Ranking

にほんブログ村 歴史ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。