葉隠徒然日記

日本史のことや興味のあること。とりあえず日々のニュースを徒然っております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年大河ドラマ「天地人」

猿掛さんから情報戴きました!!

2009年大河ドラマは、なんと「直江兼続」!!!

どうすか!?これは!!
すごくないですか!!??
殿様レベルの武将ではなく、家臣レベルを主役に持ってきちゃう!
いや素晴らしい~

兼続といえば「愛」の人

あ、こっから下は、兼続をあまり知らないヨというお方のために、当サイトの人物辞典から抜粋しました
知ってるよという方は飛ばしちゃってネ

直江兼続

戦国時代の武将  上杉景勝のよきアドバイザー

1560年樋口家に生まれた兼続

台所まわりの仕事をしているお父さんに連れられてお城に出入りしているうちに、上杉謙信のお姉ちゃんにおりこうさんさをチェックされ、景勝の近習に取り立てられた

景勝とは気が会い、仲良しに

そんな中、上杉謙信が跡取りを決めないまま死んじゃった

こうして養子2人(景勝VS景虎)のバトルが始まる。これが御館の乱

これに勝利した景勝は上杉家のトップとなり、兼続とともに盛りたてまくっていく

が、時代は動きまくっていた。
秀吉が天下を取ると逆らえなくなり、とうとう上杉家は豊臣家の下に

それでも「五大老」に任命され、豊臣政権下ではまぁまぁの地位をゲットできた

その豊臣秀吉社長が死に、飛び出してきたのが徳川家康

家康は「お前達はワシに従えよ」と言って来たので、怒った景勝&兼続コンビは「ふざけるなや!」とボロクソに書いた返事を出した これが有名な「直江状」

家康は「こんな生意気な手紙を貰ったのは生まれて初めてじゃあ!上杉家をやっつけにいくぞ!」と、兵をだした

「来るなら来いやぁ!」と強気の景勝&直兼

が、家康が上杉家に進軍させている間に、石田三成が挙兵し、慌てて家康は戻っていった

こうして中央は関ヶ原に集まり、上杉家は伊達政宗や最上義光らと東北でバトル

頑張ってたというのに、なんと関ヶ原の勝負が1日でついてしまった

こうなってはいつまでも逆らっててもどーしょーもないってことで、素直に家康に謝った

が、めちゃくちゃ石高を減らされ、上杉家はビンボーに

直兼は「負けたのは俺のせいだぁ!死んでお詫びするぅ!」と暴れまくるが、景勝に「ダメ!死んだら俺困るし。一緒に財政建て直していこうヨ」と言われ生きることに

その後は藩の建て直しに力を注ぎまくる人生となった

ポリシー・・・「愛」

宝 物・・・領民たち

嫌いな人・・・伊達政宗・徳川家康

好きな人・・・景勝サマ

尊敬する人・・・上杉謙信

友 達・・・石田三成

力 作・・・直江状「家康め!おれらをバカにするなっつーんだよ!」

スッキリしたこと・・・「オレら負けてから、超貧乏になっちゃったワケよ。でさ、江戸城で大名達が集まるパーティがあったワケよ。そしたらよ、片目野郎(伊達政宗)が、オレにむかって「おいおい、30万石っぽっちの藩が60万石のワシらに挨拶もないのか」って言ってきやがってよ!おれ、むかついてさぁ。「いやいや、あなたが伊達政宗殿だったんですか?いっつも後姿(逃げている姿)ばっか見てたから気がつきませんでしたよ」って嫌味言ってやったぜ!あースッキリ」

やりたくなかったこと・・・大坂の陣に参加させられたこと 「なんで徳川のために・・・??」

歴史メジャー度 ★★★

管理人お気に入り度 ★★★★★ 「景勝とのコンビは最高」

キャッチフレーズ・・・愛 愛 愛


・・・・とまぁ、こーいうお方なんですよ!!


上杉謙信を師とあおぎ、上杉景勝を支え、でもってあの豊臣秀吉に「お前いいな!ワシの家来になったらいっぱい領地あげるぞ~」と誘われても「主君はただ一人」と秀吉の誘いを断った兼続

でもって、それがあまりにも潔かったんで、秀吉もおもわず30万石あげちゃったというスゴイ人
上杉家の家老でありながら、30万石も貰っちゃうほど、ナイスガイ!!

いや~、楽しみですわ~

ちなみに誰が兼続を演じるのか!?

んーーーー・・・。爽やか系イメージがあるからなぁ~、トリビアでやってたエノモトさんも良かったんだけど、年齢いきすぎかなぁ?

メインが景勝とともに成長して、関ヶ原あたりになりそーなんで、30~40才前後の人になるんだろうなぁ

皆さん、誰が来ると思います!?

ワタシはねぇ~、オダギリジョーあたりが怪しい
玉山鉄二・玉木宏・成宮寛貴あたりの若手もチェックですな
まさかとは思うが小泉考太郎あたりがきたり・・・
サムライスタイルがお似合いの浅野忠信だと、マニアックカネツグになりそうな気も・・・
それともやはりジャニ系がきちゃうか!?
ジャニ系は、強いですからなぁ~

いや~、だれがなるのか楽しみです


あ、ワタクシGW中はブログに出現できなそうでございます~
ちと、田舎におでかけしてきます!!

皆様、楽しいGWをお過ごしくだされ!!!



スポンサーサイト

風林火山~運命の出会い~

運命の出会いってなんやねん!なタイトルでございましたが、
とりあえず今回は久々にゆっくりと腰すえてみることが出きましたヨ
いやいや、ここんとこバタバタしつつ見てたからネ~
やっと落ち着いて観れて嬉しいですワ

では、今回の「運命の出会い」についてアレコレ箇条書きしちゃうぜぃ←テンション高っっ


・由布姫、気絶した後、気がつくの早すぎやしませんかね?
しかもいきなり、夜から朝になってなかった???

・由布姫の鼻の穴が気になって仕方がない・・・。演技は思ってたほど悪くない。気が強そうだし、声もなかなかいい。が、やはり絶世の美女だけは納得できない・・・。早く見慣れたい

・由布姫とねね(桜井幸子)が並んだ時の身長差が気になる。どーやら由布姫は170センチあるらしい

・由布姫を連れてきた時の三条夫人のこれからが気になる!あのおっとりした感じがどのようになっていくのか!?
ますます勘助のこと嫌いになるんだろうなぁ

・ミツやんと由布姫のイメージが重なったふうな感じだったけど、あまりイメージが重ならなかったのはワタシだけ??
というか、いまだ由布姫が出てくると、ちょっとばかしテンション下がってしまうのも私だけ?

・諏訪頼重の辞世の句
「おのづから 枯れ果てにけり 草の葉の 主あらばこそ 又も結ばめ」
無念が込められているのは前半の部分なのかな??

・高遠頼継の隣にいつもいるボーズックリが気になる



以上、ハガクレの今週の大河感想でした~

女の道は・・・

女の道は、前へ進むしかない

引返すのは恥でございます




あ、これワタクシのことじゃぁございません

来年の大河ドラマ「篤姫」のキャッチコピーでございます

いいねいいね、このフレーズ!

女の道は前に進むしかないんですヨ!

すいません (^^;)アセアセ

コメント返すのがほんっっっと遅くてゴメンなさい!!

いやいや、ワタクシ、現在かなり充実!?した忙しい毎日を送っとります

昨日イトコが無事鎌倉にお店をオープンし
その手伝いやなんやかんやで大忙しです(^^;)

でも、お店っって大変ですね~
アレコレといろーーーんな諸作業があって
ワタクシもかなり勉強になりました・・・って、何かするわけじゃないんですけどね(汗)

近頃鎌倉に足を運ぶことが多く
会社帰りもずーっと通って手伝いをしてたんですが
鎌倉の夜ってすごい寂しいーーー!!
京都もそうだけど、観光地って昼はスゴイ賑わいだけど
夜はお店が閉まるのが早くてサビシーですね~

ちなみにワタクシ、鎌倉にずーっと住んでいて
実家も鎌倉なんですが
近くにいるとあんまり行かないもんなんですよネ~
どっちかというと、近畿とか東海とか、あっち側に惹かれます
古戦場とかたくさんあるし、戦国時代といえば
あちら側がメインですからねっ!!
あ、でも毛利のいた中国地方も幕末をにぎわしてくれる英傑いっぱい出てるし、薩摩も捨てがたい・・・
土佐なんかも・・・
それを言うなら平泉もいいし、会津もいいな・・・

って、結局日本全部ラブじゃん!!(笑)

100万回の言い訳

100万回の言い訳

100万回の言い訳

唯川恵の恋愛小説
この人の心理描写は見事ですね
読みやすかったんだけど、この本の内容はとーっても嫌いなタイプ

一組の結婚七年目夫婦の物語なんだけど
子供がいなくて、収入もあって、自由すぎる
自由すぎるがために、選択権がいっぱいありすぎて悩んでる
主人公の女性もの年齢は38歳という、決断するには微妙な年齢だしね

ちなみに私は、陸人みたいなファジーなタイプが好き
で、結子のようにおいしいどこどりをするつもりはないんだけど
結果おいしいどこどりをしちゃって、で、言い訳を考えるような女性はあまり好きではないですね
だったらまだ、許子のような割り切り系のほうがすっきりしますな

ということで、この本は、ちと消化不良な感じでしたね

最近、忙しすぎのワタシ


このごろ、コメントもすぐに返すことが出来なくって
ほんとごめんなさい~

最近は、何かと忙しいのですヨ。とほほ

子供の入学式だなんだかんだもあり、その準備とかにおおわらわ
さらに4月になり仕事もてんてこまい
今までは移動時間にノートPCでこちょこちょと覗けてたブログも
すっかりフリーズ状態(^^;)
さらにはイトコが鎌倉にイタリアンのお店を出すことになり
それらの準備に借り出され休日も夜も大忙しです!

ちと、コメントの返事が遅かったりしますが
みなさん許してくだされ~



風林火山

なんだか、勘助の口にうま~くのせられた感じで
前回は終わってしまいましたな

前回はまたも人がきててバタバタしながら見てたので
集中できませんでしたヨ とほほ

でも、来週は「風林火山」の御旗ができますねっ!
そろそろ諏訪のほうも動いてきたし
由布姫登場も近いなぁ
がっ!ワタクシ、どーしても由布姫の顔が絶世の美女に見えんのだよ・・・
信玄と同じ感じで、見慣れてくるかしら??不安

夏に向かって(早っっ)

みなさまこんにちは~

ワタクシ、以前からとあるコンテンツを作成しとりました

仕事で移動している間にノートパソコンで
コチョコチョとやってたんですが
だーいぶ、枠組みが出来てきました

それが「暗闇の日本史」

日本のコワーイ部分をほじくってしまおう!というものであります
去年くらいからカキカキしてて
夏までには完成させたいなといった感じです

とりあえずどんな感じなの?と、チェックいれたいかたは
コチラをクリック★

まだ未完成ですが、夏までにはがんばるぞ~

Top

HOME

ハガクレ

  • Author:ハガクレ
  • 「歴史」「和風」と名のつくものが大好きなハガクレでございます。

    忘れっぽいのがタマにキズなので、自己管理(?)の意味も込めてブログってます♪よろしゅう

この人とブロともになる

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

クリックしてくれるともっとサイト頑張れます!
人気blogランキング

BS blog Ranking

にほんブログ村 歴史ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。