葉隠徒然日記

日本史のことや興味のあること。とりあえず日々のニュースを徒然っております

功名が辻最終回 & 風林火山

とうとう終わりましたねぇ
いやなかなかラストのおんぶシーンは良かったのでは?
義経の時の白い馬パーン!!よりはいいかも
ケド、突然河原のシーンで千代がでかくなってたのはびびった

あと、淀君あっけなさすぎた
え???も・・・もう??みたいな急展開
大阪の陣すっごい省略されまくったなぁ・・・
山内家が主役だから仕方ないのかもしれないけどね

でもこれで今年の大河も終わりましたねぇ
コレ毎年思うんだけど、なんだか大河が終わっちゃうと、ちょっと寂しげになっちゃうんですよねぇ

来年は風林火山ですよ!!
あ、風林火山のサイトもできあがったみたいです
一応ココです

そしてワタクシ、このサイトの「上杉謙信」「武田信玄」「由布姫」をみてどーーーしようかと思いました・・・(汗)

っていうか!!!ワタクシの大好きな信玄のイメージがぁぁぁぁ
ええっ!?みたいな感じですからね
こりゃ役者魂を見せていただきたいです。マジで(涙)

主役の姫も無名だし、信玄はちょっとイメージ違うし、謙信はビジュアル系だし・・・
勘助は許せるけどサ~

来年はキャスト的に準主役レベルが期待薄だけど、脇役は意外といいのでそっちで期待します

なーんて、観始めたら意外と良かったりしてネ(笑)
スポンサーサイト

本日のワタクシ

ワタクシ事ですが、本日は法事でした

ちょうど一年前に身内が亡くなり、すごく悲しんでいたのですが、あれからもう一年もたつのか~と、しんみりでございます

最近「お葬式はしなくていい」という人が増えてますよね(うちの親もそうなんですケド)

お葬式にはお金もかかるし、人にわざわざ来てもらうのも悪いし・・・ってことで、お葬式はしなくていいからって言われる方が多く、ワタクシも「そうだなぁ」なんて思ってましたが、こないだとある本を読んでちょっと考えが変わりました

本のタイトルは忘れちゃったんですけど、お葬式ってのは「残された人のためのもの」なんだそうです
突然大事な人を失った悲しみを、お葬式の忙しさによって悲しむ時間を与えないんだって
お葬式って急なことだから身内はアレやコレやすっごく忙しくって、ゆっくりと「死」と向き合う時間がない(というか取らせない)
あれよあれよという間に、いろーんな事をしてあっという間に3日くらいたっちゃう
その間に自然と「死」を受け止めさせ、悲しんでる場合じゃないという風にさせるんだって

だから、死んだ人のためというより、残された人のココロを落ち着かせる時間なんだそうです

うーん・・・なんとなーくわかる気がした

つまらないコトですが

先日書いたブログ記事ですが、意図の違うコメントをいただいたので
その記事は削除させていただきました

悪気は全く無かったのですが、気を悪くさせてしまったようなので
ワタクシとしましてもビックリでした

というコトで、気を悪くされた方スミマセン

が!これだけは言わせていただきます!!!

悪気はまーーーーったくないんです~

Top

HOME

ハガクレ

  • Author:ハガクレ
  • 「歴史」「和風」と名のつくものが大好きなハガクレでございます。

    忘れっぽいのがタマにキズなので、自己管理(?)の意味も込めてブログってます♪よろしゅう

この人とブロともになる

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

クリックしてくれるともっとサイト頑張れます!
人気blogランキング

BS blog Ranking

にほんブログ村 歴史ブログへ